オイルクレンジングがお肌に負担がかかる理由

オイルクレンジング

オイルクレンジングにはオイルと界面活性剤の成分により、お肌の上で油脂性メイクを溶かす働きがあります。
また、ホホバオイルのように天然保湿成分配合で、人間の肌にも含まれている「ワックスエステル」は水分を逃さず高いバリア機能を持っていたりする種類もあります。

 

オイルクレンジングの特徴として、化粧アイテムを沢山駆使した濃いメイクも簡単に落とせることです。これは界面活性剤と呼ばれる成分がふんだんに含まれているからです。

 

界面活性剤(石油系)は油性のメイクアップ料を水分と馴染ませるために必要な物です。ただし、強い界面活性剤を多く使用したクレンジング剤の場合には、汚れも落としますがそれと同時に皮膚にとっても必要な皮脂までも落としてしまいます。

 

また、ティッシュやコットンなどで拭き取ると過度の刺激があり、お肌に負担をかけてしまいます。

 

なるべくなら濃いメイクの時に使うなど使い分けも大事です。

 

オイルクレンジングの使い方とメイクを落とす時のポイント

オイルクレンジングには、正しい使い方とメイクを落とす時のポイントがあります。

 

基本的な使い方は

  1. まず肌トラブルを防ぐために、手をきれいに洗うことが大切です。
  2. 肌への負担を減らすために、目元や口元のメイクから先に落とし、ほぼ落とせたら次のステップへ進みます。
  3. オイルクレンジングを手の平にとり、こすらないことと時間をかけ過ぎないように注意して、比較的皮脂の分泌が多いTゾーンになじませた後、顔全体にもなじませます。この際、濡れた手でも使用できる商品の場合でも、手についた水は振り払っておくのが望ましいです。
  4. メイクを落とす時のポイントは、きれいに洗い流すことができるように、数滴の水を手にとって乳化させてから、オイルを浮かせるように、顔全体につけて優しくなじませることです。
  5. ぬるま湯できれいに洗い流し、最後に十分に泡立てた洗顔料で優しく洗い、すすぎ残しがないようにしっかりとすすぎます。

オイルクレンジングには、水と油を混ぜ合わせるために必要な界面活性剤が多く含まれている場合があるので、部分的に使うなどの工夫が必要です。
また、なめらかな感触で滑りやすいため、指先に力を入れたりゴシゴシとこすらないように注意して使用し、肌を傷つけないようにすることが大切です。

 

また、お肌にのせたら長時間付けたままにせず、馴染んだと思ったら素早く洗い流すことがコツです。

 

界面活性剤の量は洗い流すタイプの方が少なくて済むので、シートタイプのものよりもオイルクレンジングの方がお肌への負担は少なくなります。

 

使用後は洗顔石鹸などでケアをしてお肌にオイルの成分が残らないようにし、化粧水などで保湿をします。

 

肌に優しいクレンジングオイル

日本では、数あるクレンジングの中でも、クレンジングオイルの人気が高いです。クレンジングオイルは、手早くクレンジングできて、メイク汚れをしっかりと落とすことができるからです。ただ、クレンジングオイルは、洗浄力が強いものが多く、クレンジング後に肌が乾燥するという人は少なくありません。

 

アテニアのスキンクリアオイルクレンズは、高級なエステサロンで使われるような希少な植物抽出オイルを配合しています。そのため、クレンジングした後の肌はしっとりとしています。

 

アテニアのスキンクリアオイルクレンズは、メイク汚れ、毛穴の汚れ、角栓だけでなく、肌のくすみの原因となる肌ステインも取り除くことができるので、くすみが気になる年代の女性からも注目を集めています。

 

>>アテニア・スキンクリアオイルクレンズTOPページへ

 

 

アテニアスキンクリアオイルクレンズ公式サイトへ