くすみ解消のためのクレンジング選び

くすみ解消

顔のくすみは、顔の印象を年齢以上に見せてしまう原因となってしまいます。顔のくすみの原因は一つではありませんし、原因によって適している予防法も異なります。

 

不要や老廃物が蓄積していることが影響している場合のクレンジング選びのポイントとしては、タンパク質を吸着するような成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

 

老廃物や毛穴の汚れの主な成分はタンパク質です。そのタンパク質を吸着するようなものであれば、適度に老廃物を取り除くことが出来ますので、肌の潤いを守りながら、肌の老廃物を取り除きやすくなります。

 

くすみ対策のおすすめクレンジングタイプとは?

クレンジングには様々なタイプがありますが、肌に負担を掛けないためには、ジェルタイプがおすすめです。
ジェルタイプであれば、肌に馴染みやすく、メイクも落としやすいという特徴があります。

 

使用する時には、手のひらで温めてから使用するようにすることで、より肌に馴染みやすくなりますので、おすすめです。
手軽に使用することが出来るとして人気の拭き取るタイプのクレンジングですが、拭き取る時に肌にダメージを与える可能性があることや汚れを毛穴の奥に押し込んでしまうため、くすみの原因となる可能性がありますので、毎日使用することは避けたほうが良いでしょう。

 

顔のくすみの主な種類

顔のくすみの種類は大きく分けると4つあり、それぞれ特徴が異なります。

 

乾燥くすみ

まず乾燥くすみは、肌への負担やうるおい不足などにより、肌の乾燥が原因で起こると言われています。
肌が乾燥していると、代謝が乱れて古い皮膚がうまくはがれずに顔の表面に残りやすくなり、肌がくすんだように見えてしまいます。そのため、肌がグレーのように見えたり、カサつく、ツヤがないなど、肌が暗い印象になってしまいます。

 

メラニンくすみ

そしてメラニンくすみは、紫外線や肌への摩擦などが主な原因で、大量に作られたメラニンが排出されずに色素沈着が起こることにより、くすみが引き起こされます。
また、肌の代謝が乱れていると、メラニンの量が少ない場合でも、顔のくすみの原因となります。肌が茶色っぽい色をしている、顔の一部に見られることがあるなどの特徴があります。

 

血行不良によるくすみ

それから、血行が悪くなることで起こる血行不良によるくすみには、体の冷えやストレス、睡眠不足など様々な要因が考えられます。このタイプの顔のくすみは、顔全体がどんよりと暗い印象で、肌が青黒くくすんでいるように見えてしまいます。

 

糖化によるくすみ

さらに、糖化による顔のくすみは、肌が黄色っぽく見えるのが特徴で、白米や砂糖などの、糖質の摂り過ぎが主な原因と言われています。

 

顔のくすみは、それぞれのくすみに合ったスキンケアを行う必要があります。

 

 

アテニア・スキンクリアオイルクレンズには、さらに肌のくすみの原因となる「肌ステイン」を除去するための、ロックローズオイルとイモーテルオイルが配合されています。年齢と共に肌に蓄積された「肌ステイン」をロックローズオイルがゆるめて洗い流し、イモーテルオイルが「肌ステイン」を作る活性酸素の発生を防ぐ注目のオイルクレンジングです。


 

>>アテニア・スキンクリアオイルクレンズTOPページへ

 

 

アテニアスキンクリアオイルクレンズ公式サイトへ