アテニアのクレンジングは敏感肌にも使える?

アテニアクレンジングは敏感肌にも使える?肌に優しい?

アテニアクレンジング敏感肌

アテニアクレンジングは30代、40代、50代といったかなり幅広い大人女性の方から人気が高いオイルクレンジングですが、実は敏感肌の方にも愛用者がいるのも特徴です。

 

本来、敏感肌の方にとってオイルクレンジングはあまり向いていないと言われています。それは敏感肌は通常の肌よりも肌を保護する皮脂や天然保湿成分、肌のキメを保つセラミドが少ないこと、そして肌のターンオーバーサイクルが通常よりも早いことによって外部からの刺激に敏感に反応してしまうというのが挙げられます。

 

また、生まれつきアレルギーやアトピーといった症状をお持ちの方で大人になってからもその症状が残っているという方は非常に敏感な状態と言えます。

 

そんな敏感肌の方からアテニアクレンジングはオイルクレンジングの中でも使いやすいという声が多いです。
その理由について触れていきます。

 

アテニアクレンジングの肌に優しいポイント

植物オイルによる肌ケア

アテニアのクレンジング「スキンクリアオイルクレンズ」にはローズロックオイル・アルガンオイル・イモーテルオイル・バオバブオイルの4つが配合されています。
このうち、ローズロックオイルとイモーテルオイルはスキンクリアオイルクレンズの特徴でもある肌ステインというくすみの原因に挙げられる要因に対してアプローチします。そしてアルガンオイルとバオバブオイルは皮脂や毛穴汚れを落としながら肌の潤いを補うようにキープしてくれるのが特徴です。

 

アルガンオイルやバオバブオイルは高級サロンなどでも使用される高級美容オイルとしても有名で、肌に優しく高い保湿力が特徴です。これによって洗い上がりの肌に適度な潤いを残すため、しっとりとした仕上がりを実現してくれるわけです。そのため通常のオイルクレンジングと比較して洗い上がりが優しいという評価となっています。

 

W洗顔不要のオイルクレンジング

一般的なオイルクレンジングはW洗顔が必要なものが多いです。これはクレンジングを洗い流すすすぎだけではクレンジング剤を落としきれないというのが理由ですが、アテニアクレンジングはW洗顔不要です。

 

これは上述したオイルが微粒子乳化製法を施されることによってすすぎやすく加工されており、クレンジング終了後のすすぎがしやすいため、通常のオイルクレンジングと比較して洗い上がりが穏やかであるという特徴があります。

 

敏感肌に余計な負担を与えない無添加・アレルギーテスト済み

アテニアクレンジングは無香料、無鉱物油、アルコールフリー、パラベンフリーです。さらに、アレルギーテスト済みとなっており、余計な負担を敏感な肌に与えないことにも配慮しています。

 

使用している界面活性剤

オクタイソノナン酸ポリグリセリル−20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル−20、ステアリン酸イヌリンの3種が確認できました。どれも合成界面活性剤と言われる種類ですが、界面活性剤の中では無添加クレンジングなどに採用される肌への負担に配慮された界面活性剤と言われいます。

 

逆にこれらの界面活性剤が肌に合わないという方は使用を避けることをおすすめします。

 

>> アテニアクレンジングの全成分はこちら

 

アテニアクレンジングはオイルクレンジングの中では敏感肌にも使いやすい

敏感肌の方にオイルクレンジングが合わないと言われる理由に

  • 洗浄力が高い
  • すすぎによる肌への負担

敏感肌の方にとってはこの二つの工程が成分以上に肌への影響となっているケースが多いとされています。
特にオイルクレンジングはクレンジング剤の中ではリキッドクレンジングと並んでトップクラスの洗浄力ですので、敏感な肌の方にとっては必要以上に落としすぎてしまうという点が懸念ポイントです。

 

洗浄力とメイクの濃さが合っているか?

アテニア「スキンクリアオイルクレンズ」だけでなく、オイルクレンジングは確かな洗浄力を持ち合わせています。その分、メイクがナチュラルである時には落としすぎに繋がる可能性があります。

 

敏感肌の方はベースメイクにも気を使い、ナチュラルメイクであったり、クレンジング不要なミネラルファンデーションといったものを選ぶ方もいらっしゃると思います。この場合はオイルクレンジングでなくても落とすことができますし、肌への負担が少ない、ミルククレンジングやクリームクレンジングといった種類の方が適していることもあります。

 

オイルクレンジングのすすぎによる肌への負担を減らすには?

オイルクレンジングで不満を感じる方の多くが洗い上がりの肌にヌルつきを感じる、もしくはすすぎが面倒、W洗顔で肌がつっぱるという点です。
アテニアクレンジングに限らず、オイルクレンジングを行った後のすすぎでは乳化がとても重要です。

 

この工程で手を抜いてしまうと、すすぎにも影響がでますし、必要以上にすすぎを行うこととなり、敏感肌の方には大きな負担となります。
アテニアクレンジングは濡れた手でも使える仕様となっていますが、敏感肌の方が使う場合には乾いた手と顔、メイクに馴染ませた後にはしっかりと乳化を行ってからすすぎをするのがポイントです。

 

>> オイルクレンジングの使い方をアテニアクレンジングで紹介

 

まとめ

アテニアクレンジングはゆらぎがちな大人女性の肌への負担にもしっかりと配慮、濃いメイクにも対応できる洗浄力とすすぎやすさにもこだわったオイルクレンジングです。

 

そのため、乾燥がちだった肌の方からも洗い上がりの肌に満足という感想を持つ方が多いです。
ただし、敏感肌の方の場合は人によって度合いが違います。オイルクレンジングによる負担によって洗い上がりの肌に違和感がある可能性もゼロではありませんので、普段のメイクの濃さに見合ったクレンジングであるか?をまずは確認することが大切です。

 

アテニアクレンジングは敏感肌の方でオイルクレンジングをお探しの方におすすめできる点は多いですが、敏感肌の方が日常的に使うクレンジングとして適しているか?という意味ではお肌の状態によるという点は避けられませんので、利用する際に成分内容などを確認することをおすすめします。

 

 

 

>>アテニア・スキンクリアオイルクレンズTOPページへ


トップへ戻る