アテニアクレンジングで美白スキンケア

アテニアクレンジングで肌の透明感アップ!美白に役立つクレンジング

アテニアクレンジング美白

アテニアクレンジングは美白スキンケアにも役立つクレンジングとして30代・40代といった大人女性から人気が高いです。

 

美白とはメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐというケアを行うことを表現している言葉として一般的に知られています。
この表現の中でアテニアクレンジングが役立つ点とはどんな特徴があるのでしょうか?

 

アテニアクレンジングが美白に役立つ理由

古い角質を落とし・肌ステインを除去

アテニアスキンクリアオイルクレンズの大きな特徴である、大人女性のくすみの原因の一つ、肌ステインを除去するロックローズオイル、そして肌ステインを作らせないために働くイモーテルオイルといった二つの植物オイルの働きがあります。

 

これによって日々蓄積するくすみの原因をブロックするのに働いてくれるわけですが、さらにくすみや肌の透明感に影響を与えるのが古い角質です。
古い角質には紫外線や外部からの直接的な刺激などによって生成されるメラニン色素が含まれます。そして役割を終えた肌はいわゆるミイラのような状態で、あとは自然にはがれて落ちていき、新たな肌が表面に入れ変わります。これが肌のターンオーバーサイクルの基本となっています。

 

肌のターンオーバーはメラニンを含んだ古い角質から新しい肌へと生まれ変わるためのサイクルです。古い角質が肌に残った状態はターンオーバーサイクルを妨げてしまうことに繋がります。

 

アテニアクレンジングはクレンジングですので、メイクを落とし、肌をリセットします。それに加えて、余分な皮脂、古い角質を同時に落とすことで肌本来のサイクルを保ち、停滞するサイクルを促すためのスキンケアをサポートしてくれます。

 

古い角質や余分な皮脂が落ちた肌はその後のスキンケア化粧品の働きをスムーズにしてくれるメリットもあり、美白化粧品の働きを後押しするのにも嬉しいクレンジングと言えます。

 

洗い上がりの肌に潤いを残す優しい仕上がり

スキンケアの基本である肌の乾燥対策は美白の中でも重要なテーマです。肌の乾燥はセラミドが不足し、キメが荒れてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

 

これは外部からのダメージを受けやすくなり、美白を推し進める上では悪影響と言えます。

 

そして肌の乾燥を招くスキンケアはクレンジングです。これは本来不要であるメイクアップ成分を肌から落とすために、洗浄力が高い成分を配合したクレンジング剤を用いるわけですが、これによって肌に必要な皮脂や保湿成分まで同時に落としてしまいます。洗顔も同様の影響がありますが、クレンジングは洗顔よりも必要以上に落としてしまう傾向にあると言われています。

 

これによって洗い上がりの肌がつっぱる、ヒリヒリするといった違和感となり、スキンケアをしているのに乾燥が気になるといった状態が慢性化しやすくなります。

 

アテニアクレンジングはオイルの洗浄力と共に洗い上がりの肌を穏やかに潤いを感じさせる仕上がりにも力を入れており、余分な皮脂を落とすアルガンオイルや肌の潤いを補うバオバブオイルといった植物オイルが肌への負担を減らしながらメイクを落とします。

 

エモリエント成分によって肌の水分蒸発を防ぎ、洗い上がりの潤いを補ってくれます。

 

使用されている界面活性剤はファンケルマイルドクレンジングオイルにも使用されているヘキサカプリル酸ポリグリセリル−20や、その他無添加系クレンジングにも採用されることが多いオクタイソノナン酸ポリグリセリル−20、ステアリン酸イヌリンといった合成界面活性剤ではあるものの、肌への負担に配慮した内容となっています。

 

まとめ

肌のくすみを落とす肌ステイン対策のクレンジングという点がフューチャーされているアテニアクレンジングですが、クレンジング材としての基本である、洗浄力と洗浄力による肌への負担に配慮しているクレンジングです。

 

美白スキンケアに嬉しい肌の古い角質を丁寧に優しく落としながら、洗い上がりの肌の潤いを守ることで透明感を後押ししてくれるクレンジングとして人気となっています。

 

アテニアクレンジングは美白に取り組む大人女性にとって注目してほしいクレンジングです。毎日のクレンジングで透明感を後押ししましょう。

 

※美白:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

 

 

 

>>アテニア・スキンクリアオイルクレンズTOPページへ


トップへ戻る